アナログレコードをハイレゾのデジタル音源で録音できるターンテーブル「PS-HX500」

PS-HX500

米国・ラスベガスで開催中の見本市「CES 2016」。そこでソニーが発表したのが、アナログレコードをハイレゾオーディオ音源に変換できるターンテーブルの「PS-HX500」だ。一時はCDに押されて、市場から消えつつあったアナログレコード。それが近年再評価を浴び、再び注目を集めてきた。低価格のプレーヤーが各社から登場してきたり、アナログレコード自体が持つ音の暖かさなども人気の要因なのだろう。

PS-HX500

この「PS-HX500」は、通常のターンテーブルとしてだけではなくPC等に接続することで192KHz/24bitのWAVや5.6MHzのDSD形式のハイレゾ音源で保存することができるのが特徴だ。駆動は、ディスクの回転が安定するベルトドライブ方式を採用。トーンアームはストレートタイプ。アルミダイキャストのプラッタに、厚さ5ミリメートルのラバーマットを使用している。

PS-HX500

PS-HX500

全体的なデザインも黒を基調とした、ソニーらしいスタイリッシュなものとなっている。インターフェイスには、一般的なRCA端子のほかUSB2.0に対応した端子が用意されている。本体自体には音源を保存しておく機能はないが、無料のソフトウェアをダウンロードすることで録音が行えるそうだ。

PS-HX500

■紹介映像(英語)

現時点での価格は明らかになっていないが、今後数ヶ月以内に発売される予定とのこと。デジタル世代でこれからアナログレコードに手を出してみようと考えているユーザーなら、ぜひともチェックしておきたいアイテムである。

この記事に関するご意見・ご感想をどうぞ