© 日刊セカイのアプリ(セカアプ)by オファーミー All rights reserved.

Revols

20161/7

わずか60秒で耳の形に合わせて変形するBluetooth対応イヤフォン「Revols」

自宅だけではなく、通勤や通学などの移動時にも欠かせないものとなった音楽プレーヤー。それらを楽しむために必要なものが、ヘッドフォンやイヤフォンだ。なかでもイヤフォンの場合、サイズがあまりしっくりこないことがある。それは、人の耳の形は指紋のように個人ごとに異なるためだ。

小さすぎても耳から落ちてしまい、大きすぎても耳を痛めてしまう既製品のイヤフォン。そんな状況を打開するために開発されたのが、耳のサイズに合わせて変形するBluetooth対応のイヤフォン「Revols」である。

Revols

耳にセットしスマートフォンで操作することで、60秒で自分の耳にピッタリ合うように変形。人間工学に基づいてデザインされており、耳に余計な負担をかけることもない。また、雨や傷からイヤフォンを守るために、カラフルなシリコンスキンを装着することも可能だ。

Revols

■シリコンカバーは簡単に着脱ができる。ファッション感覚で変更するのもありだ
Revols

連続再生時間は8時間とかなり長いが、さらに予備のバッテリーを装着することで最大14時間使用することができる。充電はUSB経由で行えるため、PCに差し込み音楽を聴きながら充電するといったことも可能だ。

■予備バッテリーを装着することで、さらに6時間使用できる
Revols

ただ耳にフィットするというだけでは、イヤフォンとしては物足りない。そこで彼らが手を組んだのはオーディオの大手メーカー・オンキヨーである。最高の音を楽しめるように、音響エンジニアとともに開発が行われているとのこと。

■参考映像(英語)
[kickstarter id=”revols/revols-premium-quick-custom-fit-wireless-earphones”]

この「Revols」は、現在クラウドファンディングのKickstarterで資金の提供者を募集中である。現時点で約$200万(約2.4億円)もの支持を受けており、注目のプロジェクトとなっている。価格は$169からで、納期の予定は2016年6月だ。

Segway Robot

20161/18

乗るだけではなくパーソナルロボットにもなるセグウェイの最新技術「Segway Robot」

乗り物としてだけではなく、ロボットとしても活用できるセグウェイの新技術を「CES 2016」で発表。ふたつのモーターを搭載し、定格電力は800W。時速18kmで走行が可能。開発版は2016年第3四半期に出荷予定。

PS-HX500

20161/13

アナログレコードをハイレゾのデジタル音源で録音できるターンテーブル「PS-HX500」

ソニーは「CES 2016」で、192KHz/24bitのWAVや5.6MHzのDSD形式のハイレゾ音源に変換できるターンテーブルを発表。価格は未定。

HeLi-on

20161/8

巻き取ることでコンパクトに収納できるスマホ用の世界最小ソーラーパネル充電器「HeLi-on」

サイズは11.3×3.6×2.8センチメートルで、重量は105グラム。普段は巻き取ってコンパクトにしまっておけるスマホ用太陽光充電器。価格は$100から。

BULLET

20161/6

弾丸のようなデザインをした世界最小のLED懐中電灯「BULLET」

弾丸の形をした世界最小のLED懐中電灯。サイズは幅10.5ミリメートル、長さ30ミリメートルで、重量はわずか6グラム。価格は$8から。

ナノ膜トイレ

20161/5

水や電気をまったく使用しないエコな家庭用の「ナノ膜トイレ」

水や電気を使わず、ナノテク膜で排泄物から臭気や病原体を除去。クリーンな状態にしてくれるエコなトイレのプロトタイプが公開。

ページ上部へ戻る