© 日刊セカイのアプリ(セカアプ)by オファーミー All rights reserved.

Beker

201512/1

スポーツマンにオススメ! 軽量コンパクトな骨伝導式音楽プレーヤー「Beker」

ジョギングなどのスポーツ中に、音楽を聴きながら街中を走っている人をよく見かける。スマートフォンをはじめとする携帯音楽プレーヤーの普及で、自宅よりも移動中に音楽を楽しむというスタイルが以前に増して日常化してきたということもあるのだろう。

だが、通勤や通学中はともかく、スポーツをしているときは音楽以外のまわりの音にも気を付けなければならない。そんな状況にピッタリなのが、コンパクトな骨伝導音楽プレーヤーの「Beker」である。

Beker

ご存じの通り、骨伝導とは空気を伝って耳に振動を与えるものとは異なり、頭蓋骨から伝わる振動で聴覚神経に伝わるというものだ。利点としては、イヤフォンなどで耳をふさぐことなく音を聞くことができるというところである。

■シンプルに装着できワンクリックで音楽が聴ける
Beker

この「Beker」は後頭部にセットすることで、骨伝導で音楽を聴くことができる。ジョギングしているときでも、音楽を聴きながら回りの音にも注意を払うことが可能だ。また、防水にも対応しており、水泳をしながら音楽を楽しむといったこともできる。

内蔵メモリーは4GBで、MP3の楽曲を800~1000曲収録可能。バッテリーは50分の充電で8時間持続。重量は34グラム。防水性能IPX8対応で、水深3メートルでも問題なく使用することができる。

■バッテリーは8時間も持つので、長時間のスポーツでも十分に使える
Beker

■IPX8対応で水の中でも安心して使用できる
Beker

現在「Beker」は、クラウドファンディングのIndigogoで資金の提供者を募集中である。価格は$62からで、出荷は2016年3月の予定だ。

■紹介映像(英語)
[youtube id=”yUbdBCZVAe4″]

Segway Robot

20161/18

乗るだけではなくパーソナルロボットにもなるセグウェイの最新技術「Segway Robot」

乗り物としてだけではなく、ロボットとしても活用できるセグウェイの新技術を「CES 2016」で発表。ふたつのモーターを搭載し、定格電力は800W。時速18kmで走行が可能。開発版は2016年第3四半期に出荷予定。

PS-HX500

20161/13

アナログレコードをハイレゾのデジタル音源で録音できるターンテーブル「PS-HX500」

ソニーは「CES 2016」で、192KHz/24bitのWAVや5.6MHzのDSD形式のハイレゾ音源に変換できるターンテーブルを発表。価格は未定。

HeLi-on

20161/8

巻き取ることでコンパクトに収納できるスマホ用の世界最小ソーラーパネル充電器「HeLi-on」

サイズは11.3×3.6×2.8センチメートルで、重量は105グラム。普段は巻き取ってコンパクトにしまっておけるスマホ用太陽光充電器。価格は$100から。

Revols

20161/7

わずか60秒で耳の形に合わせて変形するBluetooth対応イヤフォン「Revols」

耳の形に合わせて変形するBluetooth対応イヤフォン。予備バッテリーを付けることで、最大14時間の連続使用が可能。価格は$169から。

BULLET

20161/6

弾丸のようなデザインをした世界最小のLED懐中電灯「BULLET」

弾丸の形をした世界最小のLED懐中電灯。サイズは幅10.5ミリメートル、長さ30ミリメートルで、重量はわずか6グラム。価格は$8から。

ページ上部へ戻る