© 日刊セカイのアプリ(セカアプ)by オファーミー All rights reserved.

TCharger

201511/30

10メートルの範囲内で使用可能! 世界初のモバイル端末用ワイヤレス充電器「TCharger」

ほんの数年前、職場でモバイル端末の充電が無くなりかけたときに「無線で電気飛ばして~」なんてジョークを言い合っていたことがあったが、それがまさか、現実の製品として登場することになろうとは・・・・・・。

現在、クラウドファンディングのIndigogoで資金の提供者を募集しているのが、世界初のモバイル端末用ワイヤレス充電器「TCharger」だ。送信機をコンセントに、受信機をスマートフォンなどのモバイル端末に挿すだけで、コードレスでの充電を実現した製品である。

TCharger

この「TCharger」の基本的な原理は、電磁誘導を利用したものだ。それを実現させるために、ふたつの送信機とひとつの受信機を使って発電が行えるようにしている。送信機側は交流電流となっており、受信機が電磁界に変化があるときのみコイルに電流が流れる。空気中では電荷移動は発生しないため、送信機と受信機の間で人体的な影響を与える心配はないそうだ。

TCharger

「TCharger」に含まれるふたつの送信機は10メートルの範囲内で作用するため、アパートなど一般的な家庭では十分な広さだ。それでも足りない場合は、送信機を追加することでカバーするエリアを増やすことができる。

■「TCharger」でカバーされる範囲は結構広い
TCharger

ちなみに対応している受信機のコネクターと送信機のソケットは以下の通り。

■対応コネクター
Apple Lightningコネクター
Apple 30ピンドックコネクター
Mini USB
Micro USB
USB Type-C

■対応ソケット
US、EU、UK

「TCharger」はIndigogoで$42から販売中だ。しかしながら、すでに最初の100セットは完売済み。ホーム用のものが$48で販売されており、そちらは2016年6月の配送予定である。

■製品紹介(英語)
[youtube id=”WgNeEb5DLs8″]

Segway Robot

20161/18

乗るだけではなくパーソナルロボットにもなるセグウェイの最新技術「Segway Robot」

乗り物としてだけではなく、ロボットとしても活用できるセグウェイの新技術を「CES 2016」で発表。ふたつのモーターを搭載し、定格電力は800W。時速18kmで走行が可能。開発版は2016年第3四半期に出荷予定。

PS-HX500

20161/13

アナログレコードをハイレゾのデジタル音源で録音できるターンテーブル「PS-HX500」

ソニーは「CES 2016」で、192KHz/24bitのWAVや5.6MHzのDSD形式のハイレゾ音源に変換できるターンテーブルを発表。価格は未定。

HeLi-on

20161/8

巻き取ることでコンパクトに収納できるスマホ用の世界最小ソーラーパネル充電器「HeLi-on」

サイズは11.3×3.6×2.8センチメートルで、重量は105グラム。普段は巻き取ってコンパクトにしまっておけるスマホ用太陽光充電器。価格は$100から。

Revols

20161/7

わずか60秒で耳の形に合わせて変形するBluetooth対応イヤフォン「Revols」

耳の形に合わせて変形するBluetooth対応イヤフォン。予備バッテリーを付けることで、最大14時間の連続使用が可能。価格は$169から。

BULLET

20161/6

弾丸のようなデザインをした世界最小のLED懐中電灯「BULLET」

弾丸の形をした世界最小のLED懐中電灯。サイズは幅10.5ミリメートル、長さ30ミリメートルで、重量はわずか6グラム。価格は$8から。

ページ上部へ戻る