© 日刊セカイのアプリ(セカアプ)by オファーミー All rights reserved.

Gecko

201511/28

最初の500セットは無料!? コードレスでスマートフォンの充電が可能なアダプター「Gecko」

日々持ち歩くアイテムの中で、かなりの割合で必需品となっているスマートフォン。通信機器ということもあってか電池の消耗も激しく、頻繁に充電をする必要がある。その際にわずらわしく感じるのが、ケーブルを接続しなくてはいけないというところだろう。そんな不満を一気に解消できそうなのが、充電用アダプターの「Gecko」だ。

この「Gecko」は、スマートフォン側に装着するGeckoコネクターとケーブル側に接続するアダプター、そして充電機などに装着するドングルといったセットになっている。コネクターをスマートフォンにセットし、ケーブルにはアダプターを装着しておく。それぞれは磁石で着脱が行えるようになっており、くっつけている間のみ通電されるといった仕組みだ。

充電機を使用したいときは、ドングルを利用するといった感じである。ただし、ある程度装着できる形状が限られているため、あらかじめ確認しておく必要がある。

■左から順にアダプター、コネクター、ドングル
Gekko

■PC等に接続している場合は、ケーブルにコネクターをセットして使用する
Gekko

■外出先など充電機を使いたいときは、ドングルをセットしよう
Gekko

「Gecko」の特徴は、薄くてコンパクト。リバーシブル対応になっており、いちいちコネクターの向きを確認するところがないところである。また、急速充電にも対応しており、短時間でも十分にバッテリー容量を回復させることができるだろう。よくケーブルを抜き差ししている間に断線してしまったなんて話も聞くが、そんな心配もなくすぐにスマートフォンを持ち出せるところも魅力である。

■Lignningケーブルと、Miciro-USBに対応したものが用意されている
Gekko

現在「Gecko」は、クラウドファンディングのIndigogoで資金の提供を募集中である。ちなみに最初の500セットはキャンペーで無料で入手が可能だ。ソーシャルボタンを押して、その画面のスクリーンキャプチャーを指定されたサブジェクトと共にメールで送信するだけだ。あるいはIndigogo経由で$1で入手し、のちほど払い戻してもらえるとのこと。納期の予定は、2016年2月の予定。

■紹介動画(英語)
[youtube id=”Y1TTZ__BkSI”]

Segway Robot

20161/18

乗るだけではなくパーソナルロボットにもなるセグウェイの最新技術「Segway Robot」

乗り物としてだけではなく、ロボットとしても活用できるセグウェイの新技術を「CES 2016」で発表。ふたつのモーターを搭載し、定格電力は800W。時速18kmで走行が可能。開発版は2016年第3四半期に出荷予定。

PS-HX500

20161/13

アナログレコードをハイレゾのデジタル音源で録音できるターンテーブル「PS-HX500」

ソニーは「CES 2016」で、192KHz/24bitのWAVや5.6MHzのDSD形式のハイレゾ音源に変換できるターンテーブルを発表。価格は未定。

HeLi-on

20161/8

巻き取ることでコンパクトに収納できるスマホ用の世界最小ソーラーパネル充電器「HeLi-on」

サイズは11.3×3.6×2.8センチメートルで、重量は105グラム。普段は巻き取ってコンパクトにしまっておけるスマホ用太陽光充電器。価格は$100から。

Revols

20161/7

わずか60秒で耳の形に合わせて変形するBluetooth対応イヤフォン「Revols」

耳の形に合わせて変形するBluetooth対応イヤフォン。予備バッテリーを付けることで、最大14時間の連続使用が可能。価格は$169から。

BULLET

20161/6

弾丸のようなデザインをした世界最小のLED懐中電灯「BULLET」

弾丸の形をした世界最小のLED懐中電灯。サイズは幅10.5ミリメートル、長さ30ミリメートルで、重量はわずか6グラム。価格は$8から。

ページ上部へ戻る