© 日刊セカイのアプリ(セカアプ)by オファーミー All rights reserved.

20147/21

コインサイズのデバイスでスマホから落し物を追跡できる「TrackR bravo」

続けて米クラウドファンディングサービス「Indiegogo」でキャンペーン中の製品をご紹介します。

「TrackR bravo」は、コインサイズのデバイスを自分の鍵や財布などに付けて、スマホから位置を追跡できる製品です。7/9から「Indiegogo」で資金の募集を開始。2万ドル目標に対し、現在68万ドル以上の応募があり、先程の「Ritot」同様、リアルタイムで話題沸騰中のプロダクトです。

■「TrackR bravo」全体写真
20140604221926-TrackRbravo_Spinning_3

■サイズ
直径31mm、厚さ3.5mm(ご参考:500円硬貨は直径26.5mm、厚さ1.81mm)

「TrackR bravo」は、BlueTooth4.0でスマホアプリ(iOS、Android)とペアリングして使用します。

■主な機能
・落し物をした場合、100フィート(約30メートル)以内であれば、スマホと「TrackR bravo」の距離が正確に分かる。アプリのボタンを押すと、「TrackR bravo」を鳴らす事ができる。逆に、スマホが見当たらない場合、「TrackR bravo」を押すとスマホを鳴らす事ができる(サイレントモードでも動作可)。

・落し物が100フィート以上離れてしまった場合は、把握している「TrackR bravo」の直近の位置情報(GPS情報)をアプリのマップから確認できる。また、他の「TrackR bravo」ユーザーが、落し物の100フィート以内に入ると、その人のスマホ アプリを通じて、最新の位置情報を自分に伝えてくれる。

・「TrackR bravo」とスマホが一定距離以上離れるとアラートしてくれる(置き忘れを防ぐ)。

・アプリで10アイテムまで追跡可能。

「Indiegogo」で29ドル以上を出資すると、「TrackR bravo」を入手する事ができます(2015年1月発送予定)。

カラーは「ブラック・ゴールド・スティール・スカイ」の4色。ペットの首輪用アクセサリーや防水ケースなどもあります。

製品には、自分の電話番号等の短いメッセージをレーザー刻印する事が可能。コイン型リチウム電池で1年間動作します。

■紹介動画(英語)

■アプリ スクリーンショット

(トップ画面)

screen1

(アイテムリスト※10個まで)
screen2

(落し物の位置をマップ表示)
screen3

 

 

 

 

 

 

 

Segway Robot

20161/18

乗るだけではなくパーソナルロボットにもなるセグウェイの最新技術「Segway Robot」

乗り物としてだけではなく、ロボットとしても活用できるセグウェイの新技術を「CES 2016」で発表。ふたつのモーターを搭載し、定格電力は800W。時速18kmで走行が可能。開発版は2016年第3四半期に出荷予定。

PS-HX500

20161/13

アナログレコードをハイレゾのデジタル音源で録音できるターンテーブル「PS-HX500」

ソニーは「CES 2016」で、192KHz/24bitのWAVや5.6MHzのDSD形式のハイレゾ音源に変換できるターンテーブルを発表。価格は未定。

HeLi-on

20161/8

巻き取ることでコンパクトに収納できるスマホ用の世界最小ソーラーパネル充電器「HeLi-on」

サイズは11.3×3.6×2.8センチメートルで、重量は105グラム。普段は巻き取ってコンパクトにしまっておけるスマホ用太陽光充電器。価格は$100から。

Revols

20161/7

わずか60秒で耳の形に合わせて変形するBluetooth対応イヤフォン「Revols」

耳の形に合わせて変形するBluetooth対応イヤフォン。予備バッテリーを付けることで、最大14時間の連続使用が可能。価格は$169から。

BULLET

20161/6

弾丸のようなデザインをした世界最小のLED懐中電灯「BULLET」

弾丸の形をした世界最小のLED懐中電灯。サイズは幅10.5ミリメートル、長さ30ミリメートルで、重量はわずか6グラム。価格は$8から。

ページ上部へ戻る