コインサイズのデバイスでスマホから落し物を追跡できる「TrackR bravo」

続けて米クラウドファンディングサービス「Indiegogo」でキャンペーン中の製品をご紹介します。

「TrackR bravo」は、コインサイズのデバイスを自分の鍵や財布などに付けて、スマホから位置を追跡できる製品です。7/9から「Indiegogo」で資金の募集を開始。2万ドル目標に対し、現在68万ドル以上の応募があり、先程の「Ritot」同様、リアルタイムで話題沸騰中のプロダクトです。

■「TrackR bravo」全体写真
20140604221926-TrackRbravo_Spinning_3

■サイズ
直径31mm、厚さ3.5mm(ご参考:500円硬貨は直径26.5mm、厚さ1.81mm)

「TrackR bravo」は、BlueTooth4.0でスマホアプリ(iOS、Android)とペアリングして使用します。

■主な機能
・落し物をした場合、100フィート(約30メートル)以内であれば、スマホと「TrackR bravo」の距離が正確に分かる。アプリのボタンを押すと、「TrackR bravo」を鳴らす事ができる。逆に、スマホが見当たらない場合、「TrackR bravo」を押すとスマホを鳴らす事ができる(サイレントモードでも動作可)。

・落し物が100フィート以上離れてしまった場合は、把握している「TrackR bravo」の直近の位置情報(GPS情報)をアプリのマップから確認できる。また、他の「TrackR bravo」ユーザーが、落し物の100フィート以内に入ると、その人のスマホ アプリを通じて、最新の位置情報を自分に伝えてくれる。

・「TrackR bravo」とスマホが一定距離以上離れるとアラートしてくれる(置き忘れを防ぐ)。

・アプリで10アイテムまで追跡可能。

「Indiegogo」で29ドル以上を出資すると、「TrackR bravo」を入手する事ができます(2015年1月発送予定)。

カラーは「ブラック・ゴールド・スティール・スカイ」の4色。ペットの首輪用アクセサリーや防水ケースなどもあります。

製品には、自分の電話番号等の短いメッセージをレーザー刻印する事が可能。コイン型リチウム電池で1年間動作します。

■紹介動画(英語)

■アプリ スクリーンショット

(トップ画面)

screen1

(アイテムリスト※10個まで)
screen2

(落し物の位置をマップ表示)
screen3

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関するご意見・ご感想をどうぞ