© 日刊セカイのアプリ(セカアプ)by オファーミー All rights reserved.

20147/3

旅は道連れ。相乗り乗車マッチングアプリ「BlaBlaCar」

Photo by OuiShare

”旅は道連れ世は情け”(古い?)と申しますが、フランス発のスタートアップ「BlaBlaCar」は、相乗り乗車のマッチングサービスです。

2006年にローンチ。現在では、西ヨーロッパ中心に12か国でサービスを提供しています。毎月100万人以上が利用。ヨーロッパを代表する高速鉄道”ユーロスター”の乗客より利用者が多いというから驚きです。今週火曜日に100億円の資金調達を行ったと報じられています。

話題のタクシー配車サービスUberや先日ご紹介したC2C乗車マッチング「Lyft」と異なるのが、「BlaBlaCar」は非営利が前提のサービスという事です。一人で移動すると丸々かかってしまう、ガソリン代や高速代を相乗り(最大8人まで)して割り勘するイメージです。

車で移動を予定している人(座席が空いている人)は、出発地と目的地を「BlaBlaCar」に登録。たばこ・ペット不可などの条件を選択。ガイドラインに従って、乗客に提示するカンパ金額(利益が出ない程度の金額)を設定して、乗客を募集します。

車を探している人は、「BlaBlaCar」から条件に合う募集を選んで申込み。募集者が承認して相乗り成立です。双方相乗りを決めるまでに、相手の過去レビュー(安全性・信頼性等)や車の写真などを見て慎重に選びます。

同社の説明によると、人気ルートのロンドン‐マンチェスター間でカンパ金額は15ユーロ、バーミンガム‐リード間で8ユーロ、ロンドン‐パリ間で24ユーロと、概ね鉄道料金の1/3程度で移動できるそうです。

日本でも東京⇔大阪間とか、スノーボードの移動なんかで、こういうサービスがあったら利用してみたいなー。

■紹介動画(英語)

■スクリーンショット

(相乗り検索画面)
screen4

(相乗り募集画面)
screen5

 

■ダウンロード:AppStoreGooglePlay(国内からは利用できません)

via Mashable

 

Segway Robot

20161/18

乗るだけではなくパーソナルロボットにもなるセグウェイの最新技術「Segway Robot」

乗り物としてだけではなく、ロボットとしても活用できるセグウェイの新技術を「CES 2016」で発表。ふたつのモーターを搭載し、定格電力は800W。時速18kmで走行が可能。開発版は2016年第3四半期に出荷予定。

PS-HX500

20161/13

アナログレコードをハイレゾのデジタル音源で録音できるターンテーブル「PS-HX500」

ソニーは「CES 2016」で、192KHz/24bitのWAVや5.6MHzのDSD形式のハイレゾ音源に変換できるターンテーブルを発表。価格は未定。

HeLi-on

20161/8

巻き取ることでコンパクトに収納できるスマホ用の世界最小ソーラーパネル充電器「HeLi-on」

サイズは11.3×3.6×2.8センチメートルで、重量は105グラム。普段は巻き取ってコンパクトにしまっておけるスマホ用太陽光充電器。価格は$100から。

Revols

20161/7

わずか60秒で耳の形に合わせて変形するBluetooth対応イヤフォン「Revols」

耳の形に合わせて変形するBluetooth対応イヤフォン。予備バッテリーを付けることで、最大14時間の連続使用が可能。価格は$169から。

BULLET

20161/6

弾丸のようなデザインをした世界最小のLED懐中電灯「BULLET」

弾丸の形をした世界最小のLED懐中電灯。サイズは幅10.5ミリメートル、長さ30ミリメートルで、重量はわずか6グラム。価格は$8から。

ページ上部へ戻る