「わたしの30分、売ります」“空き時間”売買サービス「TimeTicket」リリース

Photo by Tony Fischer

株式会社レレレは、本日ユーザー同士が簡単に自分の空き時間を売買できるサービス「TimeTicket」をリリースした。

売買できる時間は30分単位で最大5時間まで。対価(価格)は、時間を売る側(ホスト)が自由に設定できる。

同サイトには、既に多数の”時間売ります案件”(チケット)が掲載されている。

例えば、

・30分であなたのアイコン写真を撮ります (1,000円)
・1時間平日テニスに付き合います(1,000円)
・30分恋愛相談に答えます(500円)

など。

ホストは対価のうち、10%~100%を寄付するルールとなっている(寄付先は一覧からホストが選ぶ)。

時間を買う側(ゲスト)は、まず買いたいチケットに購入申込を行う。購入申込をホストが承認すると取引成立。ゲストはクレジットカード又はポイントで「TimeTicket」に仮払いを行う。当日両者で約束通り時間を過ごして取引完了。取引完了後は、お互いのレビューを行う。
※ゲストが約束の時間にホストと会えない場合は、チケット代金は払い戻しされる。
※チケットの取引・決済は、全て「TimeTicket」が仲介する為、ホストとゲストのやり取りは不要。

フォローやいいね、シェアなどソーシャル機能も充実。「TimeTicket」の今後に期待です。

■スクリーンショット

main

この記事に関するご意見・ご感想をどうぞ